着物の買取の相場を知ろう

★口コミで人気の着物買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒着物を高く売る方法を教えます。


着物を高く売りたい人

私は以前着物買取の仕事をしていました

その時得た知識から、たとえ古い着物でも高く買取してくれる方法をお話ししますね

もう着なくなって不要になった着物を売りたい

でも古い着物だと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時にネット査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ネット買取査定がおすすめです

⇒着物買取査定はこちら

また引越しの時に不要の着物を処分する人もいますよね。

でも処分する前に一度査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒着物を高く売るには?

着物の買取業者について

着物の買取業者について語りますね。

最近ではネットでの着物を買取する業者が増えてきました。

理由は無店舗による経費削減で高価買取が実現できるのと、専門の着物鑑定士がいてかなり高く買取をしてもらえるようになったのです。

しかも全国どこでも出張訪問する買取専門業者で郵送宅配などもOKです!

とても便利なので是非一度査定してみてくださいね。もちろん持ち込みもOKです。

⇒着物を高く売るには?

ちなみにネットでの査定料金はもちろん無料です。

着物の買取業者の評判について

最近の着物の買取業者の評判やネットの業者の買取り相場について書きます。

最近ネットで着物を買取りしてくれる業者が特に評判が良い理由は、まず日本全国どこでも専門の和服の鑑定士が出張して訪問買取りしてくれるので家にいながらにして着物を売る事が出来るのです。

また和服を買い取りしてくれる業者ですが街にあるのはたいがいリサイクルショップなどだと思います。しかしネットで着物買取サイトの場合には24時間いつでも申し込む事が出来るし、働いている人にとって地元の店舗が開いている時間に持っていくのは大変!

しかしネットならいつでも申し込む事が出来るし、和服を郵送宅配という着払いの方法で業者に送れば全ての取り引きが家に居ながらにして出来るので、ネットでの口コミの書き込みを見てもいつでも取り引き出来るのがとても便利との評判なのです。

しかも着物買取の値段は査定してくれる業者がその場で金額を提示してくれるので予想よりも高く売れたとの評判が高いのです。それは古い着物だとほつれや汚れがあったりするし、古着じゃたいした値段がつかないと思われがちですが、その点はちゃんと業者は査定して値段に反映してくれるので安心なのです。

また日本人は普段はまず洋服しか着ないし和服を着るのは成人式とか子供の頃の753ぐらいじゃないかな?だからレンタルで借りる人もいるけど、結婚式の時に振袖をわざわざ特注するのは今や一部のお金持ちになってしまいました。もちろんお花やお茶の先生や生徒なら着物は必須ですけどね。

ところで業者の査定金額が高くなるコツですが、新品は無理としても保存状態によってかなり良ければ高評価を得て買取価格が高くなります。もちろん有名デザイナーの作品や有名ブランド(結城紬など)だと多少汚れていても高額買い取りになります。

着物の買い取り価格について

着物の買い取り価格について業者の視点から書きます。

だいたい着物の人気ブランドランキングに載っているのであれば業者はたいがい高額買い取りをしてくれます。では人気の和服のブランドとは?

代表的な有名ブランドではやはり結城紬をあげるでしょう。新品を買っても物によりますが100万円以上する代表的なブランドなので、もし売る時も当然業者は高額で買取りをしてくれます。

もちろん業者が例えば大島紬のブランドが欲しければ、大島紬を高価買取りします。ただ有名ブランドに関してはたいがいは高額買取りしてくれます。多少状態が悪くても(ほつれやよごれなど)専門の業者が修繕したり洗えば汚れは落ちますので高額での買取が可能なのです。

他にも加賀友禅が有名な人気ブランドでデザイン性に優れているので高額での買取りが可能なのです。また例えば花火大会に着た可愛らしい浴衣、彼氏も男性用和服を着てお揃いで花火デートをした人もいると思います。もちろん素材がポリエステルかウール、毛皮で買い取り価格も変わります。

また比較すると和服でも振袖や紋付袴、総絞りやブランド帯かどんな反物なのか、草履や和装の小物も買取り対象になりますので、ブランド製品はやはり業者も高く買取りする傾向にあります。また入学式・卒業式の羽織袴も当然買取り対象になります。

織り着物(先染め着物)
代表的なブランド:大島紬・結城紬

染め着物
代表的なブランド:友禅染め・小紋染め・羽二重

このように染め方一つとっても和服はさまざまで当然価値も違うし作成する時の手間も全然違うので、例え古着でも見積もりを出してみると買取価格も変わってくるのです。

それに普段着の生地と違い着物仕立は手入れが大変で、実家にある本場の加賀友禅も売却したいけど、販路がわからないので、訪問買取りしてくれる着物査定士に見積りを依頼して現金払いで売ったのです。

だいたいフリーマーケットやオークション、質屋で有名作家の帯揚や高級和装を売るよりは、ネット業者に売った方がはるかに高い値段がつくかも。希少価値のある江戸小紋や結婚祝、そして人間国宝品などは売却すればかなりの値段がつくのが想像できます。

だいたい子供の七五三のコーディネイトとしては呉服屋で買う有名紬と言うより、可愛いデザインの和服で、アンティークなその家に代々伝わるものでもあったりします。あまり古いので処分を考える人もいますが見積もり査定を貰う方が先決です。

そして工芸品としての評価は、無形文化財として羽田登喜男先生の作品や、平良敏子先生や市井真太郎先生、または川島甚兵衛先生、そして人間国宝作家である久保田一竹先生や青木滋芳先生、木村雨山先生、由水十久先生(加賀友禅)など様々な芸術的な作品を生み出す先生がいます。

もちろん無地の無名作家先生のデザインでも買取相場は数百円から数十万、いやそれ以上の価値がつく場合もあります。近年海外から日本に来る観光客でわざわざ和服を生み出す工房を見学する人もいるぐらい、ワールドワイドに人気が出て来ているのです。

そして長襦袢や裄丈、丸帯や喪服なども査定士がちゃんと評価してくれます。もちろん材質が木綿であったり半幅帯、色留袖、小物類である草履や下駄の履物、帯締なども鑑定士がちゃんと見積もり査定をしてくれます。

だいたいもしほつれていても和裁士が修繕するので引き取りする際にもあまり考えなくてもよく業者はそのあたりの事情が良くわかっているのです。そして帯枕の寸法なども同じく和裁士が修正するのです。

ところで礼装着というのは結婚式や葬式に着ていくものですが、日本の和装はたいがい呉服店で揃えると思います。もちろん未着用のものは高く売れると思うので業者専属の鑑定士から見積もり査定を貰うと良いでしょう。

また成人式の振袖用の反物や友禅、丹後や久米島紬などや着付教室に使う長井紬や小千谷紬なども専門店から購入すると思いますが、有名産地や有名染織物などの有名染織作家品は有名呉服店で購入し、人間国宝物の先生の作品はかなり値打ちがあると思うのです。

また通気性重視の素材も専門店に行けばまず販売員が教えてくれます。だいたい足元における足袋も通気性のあるものの方が蒸れなくて良いのです。そして越後上布や宮古上布、芭蕉布なども使い色無地も使いバランスを考えて作成します。

そして本場結城紬の黒留袖、更紗や打掛、扇子や単衣など和服も意外とさまざまなバリエーションが考えられ、繻子や緞子、そして胴裏の素材や牛首紬、正月の根付や本音口、鎌倉銘仙や龍村、黒留や黒本振袖、黒一や鮫小紋、そして髪飾など上げればキリがないほどにさまざまなバリエーションが考えられるので、専門の呉服店に相談して仕上げるのです。

これらもすべてネット業者に着物の買取りを依頼すると、宅配便を使い郵送宅配してくれたり、出張査定してくれるので自宅から出る必要がなく大変便利なのです。

着物のブランドについて

着物のブランドについて業者の視点から書きます。

中古製品はたいがい新品に比べて値段が下がるのが当たり前ですが和服の場合はどうでしょうか?結論から言うとブランド品の場合はさほど値段が下がらずに業者は買取りしてくれます。

例えば有名な大島紬や加賀友禅、牛首紬、そして久保田一竹だと状態にもよりますがさほど下がらずに業者は見積もりを出してくれますし、納得する値段で買取りしてくれます。やはりブランドの力ですね。

もちろんブランド力だけでなく、やはり優れたデザイン性や色合いなどトータルに判断して高く売る事が出来るのです。もちろんブランドや和服の有名作家の作品なら帯や反物もかなり高い値段で買取りしてくれます。

帯の種類について、人気の袋帯・名古屋帯・丸帯・半幅帯などがあり、それぞれブランド力とデザイン性、そして現在の状態により買取価格が変わります。つまり業者というのは古着を買取りした後に修復して再び売りに出すわけですから、ブランド力や現在の状態を考慮して値段を決めているのです。

ところで着物のブランド力と買い取り価格について簡単に解説しますね。

大島紬(奄美大島特産の染め織)
特徴:天然の染料で渋みと柔らかさを持ち、軽くて丈夫で痛みにくいのが特徴。
当然業者の買取り価格もかなり高額になり品物にもよりますが買取相場は何十万円もの値段がつく可能性があります。

結城紬(茨城県・栃木県の絹織物)
特徴:関東では代表的な絹織物。
業者の買取り価格にかなりばらつきがあり、買取相場は何万円〜十万円と値段にかなり幅がある。

牛首紬(石川県の紬織物)
特徴:釘が抜けるほど丈夫という所から釘抜紬と呼ばれる事もあり。
業者の買取り価格がかなり高額になり、買取相場は何十万円〜100万円近くになる時もあり。

ここに出したのはほんの一例で他にも着物もブランド品には高額査定がつくのです。まして和服は最初に買った時に100万円以上するものがざらにあるので、保管状態にもよりますが、下取りに出す時にもかなり高額値段がつくのです。

ただいくらブランド品とはいえ、保管状態があまりにも悪いと減額の対象にはなります。それこそ着付け教室の先生の和服などは何百万円するのも当たり前だし、古くなったら買い替えもするので、保管には気を使っているのです。

そんなお茶の先生、お花の先生、着付け教室など和服に関するものは業者も買い取り価格を上げていきます。呉服で振袖と正絹では全然値段が変わるし、訪問着でも当然専門の鑑定士が鑑定すると買取相場は何万円から何百万円まで幅が出てきます。

そういう着物のブランド品もネット業者は積極的に高価買取りをしてくれます。インターネット業者のメリットは全国出張可能で、自宅まで無料で出張買取りしれくれるし、忙しい人には着払いで郵送宅配をすれば良いのです。